JRCM 一般財団法人 金属系材料研究開発センター

English

SiteMap

Home

JRCMからのお知らせ

JRCMの活動

JRCMについて

リンク集

主な研究開発プロジェクト プロジェクトアーカイブ JRCM NEWS誌 主な調査活動 開発・調査報告書

◆平成29年度基本方針


 平成29年度は、前年度からの継続であるプロジェクトを円滑に進めるとともに、新規プロジェクト募集に積極的に企画提案し、効率的な実施体制を組織し、当該研究開発プロジェクトの成功に貢献します。また、完了したプロジェクト等の実施後評価フェーズへの橋渡しが円滑に移行できるよう注力します。
 新たな産官学連携活動推進機関としての役割を強化するとともに、材料関係の諸機関との協力をベースにして、材料研究開発の強化が図れるような情報の収集、提供、人材育成支援、情報交流の場の提供を行います。
 当センターの有する能力を最大限に発揮し、社会貢献できる体制の構築を図るとともに、外部関係機関等との連携を強化し、産官学連携活動の中核機関との評価を得るべく、事業に取り組んでいきます。

1.材料関係プロジェクトの企画立案・実施
 研究開発プロジェクトの企画立案、フォーメーション、実施、管理、フォローアップ等必要とされる役割について、関係の諸官庁、公的機関、企業、大学等と十分な協議を図りつつ、適切な関与が図れるよう、関係者とのネットワークをこれまで以上に強化します。
 新規テーマの企画・提案を積極的に進めるとともに、前年度からの「FCV及び水素ステーション関連機器向け使用可能鋼材の拡大等に関する研究開発」、「次世代自動車向け高効率モーター用磁性材料技術開発」、「未利用熱エネルギー革新的活用技術研究開発」等の推進に努めます。

2. 研究プロジェクト成果のとりまとめ
 前年度に完了したプロジェクトの事後評価・自立化フェーズへの橋渡しが円滑に移行できるよう注力します。

3. 企画・情報機能の充実
 経済産業省での鉄鋼技術戦略マップの見直しの活動にも積極的に参画してきており、こうした企画・情報機能の強化を図るとともに、公的助成制度、大学等の研究者情報、公的試験研究機関情報等各種の技術情報の収集整理を行い、会員企業をはじめとして広く情報発信を行っていきます。
 ホームページの内容の充実を図り、賛助会員をはじめとする当センターへの支援者へのサービスを向上を目指します。

4.技術開発人材面での対応
 これまでインターンシップ事業、アルミ産業中核人材育成事業、鉄鋼技術産学連携パートナーシップ事業等を通じて政策協力してきましたが、今後も、国で企画されている各種の人材政策へ積極的に対応し、人材対策という新たな活動領域の開拓に対応していきます。

5.賛助会員の拡充とサービス強化
 材料技術を中心とする各種の情報の収集、提供やJRCM NEWS等による一般への広報、会員サービスに努めるほか、会員からの国の政策に関する相談にも積極的に対応していきます。
 サービスと対価との費用対効果についても常に見直しを行い、最小のコストで最大の効果が得られるよう当センターの体制についても見直しをします。
 狭義の材料分野に限定することなく、材料のユーザー部門に相当する企業等とも連携を図りつつ、日本のモノ作り産業の技術力向上、人材育成、国際競争力の向上を支援していくことが材料産業の発展に貢献するという視点から、モノ作り全般の政策についても積極的に対応していきます。

JRCM 一般財団法人 金属系材料研究開発センター
〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-11第11東洋海事ビル6階
・Tel:03-3592-1282 ・Fax:03-3592-1285
http://www.jrcm.or.jp/ ・E-mail:jrcm@oak.ocn.ne.jp

Copyright(c)2004 The Japan Reserch and development Center for Metals. All rights reserved.